アートクリニック産婦人科 栄町 福島 福島市 産婦人科

食べ物で冷え性を改善

体を温めるものを食べましょう

健康に良いからといって、身体を冷やす原因となる緑黄色野菜のサラダなどを中心とした食生活を繰り返していると、知らず知らずの内に冷え性の原因となっている場合があります。

冷え性を和らげるには、体の中に取り入れる日々の食事や飲み物が重要です。東洋医学では、体を温める食べ物を「陽」の食べ物、体を冷やす食べ物を「陰」の食べ物と区別しているほどです。

寒い時には温かいものを口に入れたくなりますが、温かい食べ物や飲み物でも、体を冷やしてしまうことがあります。体を温めるもの・冷やすものを正しく見分けて、冷え性対策に役立てましょう。

 

体を温める陽性の食品

  • 陽性食品は体を温めてくれます。
    太陽の恵みを蓄えた食品を取り込むことで、体にエネルギーを補給します。

    特に体を温める食品

    生姜、ネギ、ニンニク、梅干し黒焼きなど

    体を温めサラサラ血液にする食品
    根菜類(こんにゃく、ごぼう、人参、山芋、蓮根)、自然塩、塩辛い加工品(味噌、醤油、梅干し、たくあん)

    *注意!*体を温めるがドロドロ血液になる食品
    羊肉、豚肉、鶏肉、ハム、卵、チーズ、ソーセージ、貝類、赤身の魚、精製塩
     
 

人間の主食となる中庸の食品

  • 中庸というのは、陽性でも陰性でもないものです。だから主食に適したものです。
    玄米や麦などできるだけ精白しないで胚の部分も食べるようにすると、体に不足しがちな微小ミネラルが補給されるので体調が良くなります。

    主食に適した食品
    玄米、麦、きび、ひえ、あわなど精白度の低い穀物
     

体を冷やす陰性の食品

  • 陰性食品は体を冷やしたり、ゆるめたりしますから、冷え性の人はできるだけ避けたほうがよいでしょう。
    冷え性の人は夏だからといっても、あまり体を冷やすものを取らないように気をつけて冬に向けて身体を調整していきましょう。

    やや体を冷やし血液をサラサラにする食品
    果物(日本産)、種子、ナッツ、緑黄色野菜、海藻類

    血液をサラサラにするが体を冷やす食品
    トロピカルフルーツ、大豆、豆腐、豆乳、お茶、コーヒー、お酢、ナス科の野菜

    体を冷やしドロドロ血液の元になるもの
    合成甘味料、食品添加物、砂糖、香辛料、刺激のある飲み物、スナック菓子、チョコレート、牛乳、アイスクリーム、ご飯、パン、うどん、精製油、タバコ