アートクリニック産婦人科 栄町 福島 福島市 産婦人科

冷え性の予防

冷え性の予防

冷え症をそのままにしておくと、様々な不調を引き起こす恐れがあります。
冷え性によって血行が悪くなると生殖器への栄養障害、うっ血が起こり、排卵機能が悪くなります。

普段の生活を見直して、身体を冷やさないように心がけましょう。

 

衣類での調節

  • クーラーの効き過ぎた部屋や、寒い場所に長時間いると下半身の血行障害が起こりやすく、よくありません。
    肌に冷気が当たらないように、ひざ掛けや靴下などで冷えを防ぎましょう。

 

軽い運動を心がける

  • 凝りをほぐし、血行を良くするためにストレッチや散歩、軽い運動もお勧めです。
 

生活リズムを改善

  • 生活のリズムと体のリズムが崩れてくると、自律神経のバランスが悪くなります。
    朝はきちんと起きる、夜は早めに寝る、といった生活リズムを整えましょう。
 

ゆっくり入浴する

  • 体の芯まで温めて、自律神経のバランスをリセットさせることが大事です。
     

体を温めるものを食べる

  • 夏場はタンパク質やミネラルなどが豊富な体の内側から温める食品を摂取するように心がけましょう。