アートクリニック産婦人科 栄町 福島 福島市 産婦人科

 ・不妊治療 Q&A

よくある質問 不妊治療Q&A

すぐIVF(体外受精)をやりたいので、今月これから出来ませんか?

  • IVFを受ける前の月(周期)にはお身体のホルモンバランスを整え、成功率をアップさせるために、大体2~3週間ピルなどのホルモン治療を受ける必要がございます。
     
  • ピルなどの前治療開始が出来るかどうかは、IVFの予約状況と患者様のお身体の状態によります。時期によっては予約がいっぱいの場合もありますので、診察の際にご確認ください。
     
  • 予約状況確認後、患者様のお身体の状態が良好な場合は、生理3~5日目に前周期の治療を開始します。それまでに夫婦カウンセリングと同意書の提出を必ず済ませてください。

 

ホルモン治療で行う注射の量を決める元になるのは実年齢ですか?AMHですか?

  • AMHは卵の数、実年齢は卵の質を表すので、両方総合して判断して注射の量と種類を決めます。他院や当院で、すでに治療を行っている場合、その結果も大事な判断材料となります。
     

OHSSの入院先は?

  • 状況により、医師より連絡いたします。軽症の場合は、毎週木曜日に外来をしている大原病院となります。重症でICU(集中治療室)への入院が必要な場合は医大病院となります。
     

受精障害があるかどうか、他の検査でわかりませんか?

  • 残念ながらIVFでしかわかりません。IVFはとても大事な検査でもあるのです。
     

IVFする場合、現在飲んでいるお薬は中止しなければいけませんか?

  • 患者様のお身体の状態によりますので、診察の際に医師にご確認ください。
     

受精障害の場合、精子を良くするために、何か治療はありますか?

  • 受精障害の原因は複雑で、ハッキリしたことが分かっていないため、現時点で受精障害を自然受精させる治療法は確立されておりません。また、ICSI(顕微授精)した場合の受精率・妊娠率が非常に良好で、治療目的が達成されてしまうため、あまり研究も進んでいないのが現状です。
     
  • 受精障害は精子に60%、卵子に40%の原因があると言われており、必ずしも精子が悪いから受精障害になった、という訳ではありません。旦那様の採血検査でホルモン異常や亜鉛不足などの異常があったり、数や運動率などの精液所見が悪い場合には内服治療をお勧めしております。
    受精障害の原因を特定し、根本から治療するのは非常に難しいので、IVFをしたことによって不妊の原因がはっきりした、と前向きに考えることが大事だと思います。