アートクリニック産婦人科 栄町 福島 福島市 産婦人科

不妊症の原因

不妊の原因

不妊の原因は、決して女性側だけの問題ではありません。
実際には、不妊に悩むカップルの半分は、男性側にも原因がみられます。

女性側の問題としては、卵管の通りや動きが悪い(卵管因子)、正常な卵子が排卵されない、
ホルモンがうまく分泌されない(内分泌因子)、子宮内膜が着床しにくい状態(子宮因子)、
などの不調が考えられます。

また男性側では、精子の数が少ない(乏精子症)、精子の動きがよくない(精子無力症)などの
精液の不良がおもな原因になっています。

また、原因を特定できない「原因不明不妊」の割合も意外に多い割合という現状です。

原因は決してひとつではありません。
一人で悩まず、パートナーとお互いに理解することが必要です。
 

女性側の原因

卵管因子


 
  • 卵管癒着、狭窄、閉鎖
    クラミジアなどによる感染症や子宮内膜症により、卵管が蜘蛛の巣状に
    周りとくっついてしまっている(癒着)、卵管内が狭くなってしまって
    いる(狭窄)、 卵管内が詰まってしまっている(閉鎖)、という状態。
     
  • 子宮内膜症
    子宮内膜組織が、お腹のあちこちの組織や臓器などに存在して、
    生理時に出血を起こす病気です。
    子宮内膜症で卵巣に血液がたまるとチョコレート嚢腫になり、
    卵管の癒着の原因になります。
  •  

子宮因子

  • 筋腫、ポリープ、腺筋症、先天奇形
    子宮にできた腫瘍や子宮の形に問題があることが原因で、子宮の内側が凸凹になるなどして
    受精卵が着床できない、という状態。

 
 

内分泌因子

  • 下垂体性無月経、黄体機能不全、無排卵周期症
    ホルモンバランスに問題があるため、卵胞が育たない、排卵が起こらない、という状態。
     

  •  
  • 多嚢胞性卵巣障害(PCO)
    古い卵子が卵巣にたまってしまい、うまく排卵できない、卵胞を育てることができない、という状態。
     
  • 高プロラクチン血症
    プロラクチンというホルモンは、排卵を抑え、授乳期に妊娠が起きないようにする
    働きも持っています。
    このプロラクチンが授乳期でない時に多量に分泌されてしまい、排卵が起きなくなる、という
    状態。
     

その他

 

  • 頸管粘液異常
    頸管粘液の量が少なかったり濃かったりして、精子が子宮に進入できにくい状態。
    また、頸管粘液の中に抗精子抗体という物質があり、受精を妨げている場合もあります。
     
  • 卵巣性無月経
    卵巣そのものにトラブルがあり、排卵が起こらない状態。
    卵巣内の卵胞が消失してしまうのや、下垂体からのホルモンに卵巣が反応しないものがあります。

 

 

男性側の原因

精子の異常

  • 造精機能障害
    精子を造り出す精巣の機能そのものに異常がある状態。
    無精子症、精子減少症、精子無力症など。
     

精子の通り道の障害

  • 精路通過障害
    精子を送る管に障害があり、正常に精子を送り出せない状態。

 

性交・射精の障害


 
  • 精路通過障害
    性交時に勃起できない。
    射精ができない状態。 勃起不全(ED)、射精不全、逆行性射精など。
 

原因不明の不妊、その他の不妊

原因不明の不妊

  • 原因不明不妊症
    種々の検査を行なっても、明らかな不妊の原因が判明しないものもあります。
     

その他の不妊

甲状腺機能低下症、糖尿病などの疾患、痩せすぎ、肥満、ストレス、タバコなども不妊症と結びつきます。


 

今さら聞けない! 女子のキホン

Q.生理の初日っていつ?


 
  •  生理の量が少ないので、初日が分かりづらいです。
    いつから、生理なのですか?
 

 
  • そもそも生理とは・・・?
    妊娠せずに子宮内膜がはがれ落ちることです。
    内膜が完全にはがれると出血が止まり、生理が終わります。

     
  • 内膜のはがれ始めが生理の始まりだとすれば、
    「少し出血らしい色のおりものが出てきたなぁ」
    でも生理の1日目なのです。