アートクリニック産婦人科 栄町 福島 福島市 産婦人科

妊娠の仕組み

部位と役割

まずは名前を覚えましょう


 
  • お腹の中の臓器には、妊娠するためにそれぞれの役割があります。
    まずは、臓器の場所と役割を覚えましょう。
 


卵巣 卵がある場所

卵巣はうずらの卵大で左右に1つずつあり、毎月どちらかで卵子を排卵します。

卵管 卵子と精子が出会う場所

卵管の膨らんだ部分(卵管膨大部)で卵子と精子が出会います。

子宮 赤ちゃんを育てる場所

子宮の内側をおおっている粘膜(子宮内膜)に受精卵が潜り込んで着床します。

子宮頚管 子宮の内側と外側を結ぶ管

精子が子宮へ入る入り口です。

子宮内膜 受精卵が着床する場所

妊娠が成立しない場合はこの内膜が剥がれ落ちて、生理となります。

 放出された精子を受け入れるところ

出産時はここから胎児が出て行きます。

 

妊娠に関わるホルモン

ホルモンの役割


 
  • 妊娠するための大事なホルモン。
    どこから分泌されていて、どんな役割なのかがわかると、診察やカウンセリン
    グの際、先生やスタッフの説明がわかりやすくなります。
 

ホルモン アートクリニック

FSH(卵胞刺激ホルモン) 下垂体から分泌

卵子を目覚めさせて、卵子の発育を助けます。

LH(黄体形成ホルモン) 下垂体から分泌

排卵の直前に急激に上昇して排卵を引き起こします(LHサージ)。

エストロゲン(卵胞ホルモン) 卵胞から分泌

子宮頸管粘液(おりもの)を増やして精子が入りやすい状態を作ります。
子宮内膜を厚くして、着床しやすい環境を作ります。

プロゲステロン(黄体ホルモン) 黄体から分泌

基礎体温を上昇させて、子宮内膜に受精卵をさらに着床しやすい状態にします。